ダイエットはインスリンの分泌を抑えることが重要

食べ物を食べると、すい臓からインスリンが分泌されます。
インスリンは糖質をエネルギーとして各細胞に送りますが
余分な糖質は脂肪細胞として体に蓄えられます。

 

食べ過ぎると太るというのは誰もが知っていることと思いますが
同じものを同じ量を食べてもインスリンの分泌を抑えることで
太りにくくすることはできます。

 

まずインスリンの分泌を促進して、太りやすくなる食べ方から説明します。
うどん、食パン、ご飯などの炭水化物の多い食品だけをたくさん食べる。

 

炭水化物を大量に摂ると、インスリンの分泌を急激に多くするので
これだけを単品で食べるのはダイエットするなら避ける必要があります。

 

では炭水化物を摂ってもインスリンの分泌量とスピードは
どうやったら抑えることができるのか?

 

野菜などの繊維質の多く含むもの、肉や魚などのタンパク質の多いもの
また脂質をもインスリンの分泌を抑えます。

 

ご飯や小麦から精製された麺類やパンなど炭水化物の多い食品と
繊維質やタンパク質、脂質などを含むものをいっしょに食べればいいのです。

 

こうすることで炭水化物の多い食品だけを食べるよりも
インスリンの分泌を抑えることができるのです。

 

ただ炭水化物を食べても食べ合わせで、インスリンの分泌を抑えることはできますが
食べ過ぎれば太るのは当然なので、炭水化物を控えることは必要です。

 

ダイエットをするのに少量でも炭水化物の多い食品を食べるときに
食べ合わせを注意することでインスリンの分泌を抑えることができるということを
知っていると役に立つと思います。

 

あと食べる順番も、炭水化物を食べる前にタンパク質や繊維質を
とるといいですよ。

 

脂質はインスリンの分泌を抑えますが
余分にとれば体に蓄えられて太りやすいので
量は控えめにしたほうがいいです。