食事の摂り方、食べ合わせでダイエット効果が変わる

食事制限をしてダイエットをする場合
カロリー計算をして食事の量を考えると思います。

 

しかしダイエットをするならカロリー計算以外にも
知っておくと良い方法があります。

 

同じカロリーの食事をしても太りやすい食べ方と
太りにくい食べ方があるのです。

 

それは食べ合わせの違いです。
では、なぜ食べ合わせで変わるのでしょうか?

 

インスリンの出方が変わることが関係してきます。

インスリンが多く出ると太りやすい

私たちが食事をすると胃腸で消化されてから
吸収された栄養は血液中に流れます。

 

食事をすると血糖値があがるということです。
血糖値が上がるとインスリンが分泌されます。

 

インスリンは高くなった血糖値を正常に戻すため
全身の臓器に栄養を吸収させる働きをします。

 

健康な方は血糖値を下げるために
必要なインスリン量が分泌されますが

 

血糖値が高くなってもインスリンが分泌されなければ
いわゆる糖尿病ということになります。

 

栄養は肝臓や筋肉中にエネルギー源のグリコーゲンとして蓄えられ
余った栄養は脂肪細胞として蓄えられます。

 

これが食べ過ぎると太る理由です。

 

食べ方により血糖値が急激に上がると
インスリンが大量に分泌されて血糖値は急激に下げられます。

 

インスリンが大量に出る食べ方をすると
太りやすいと同時に糖尿病にもなりやすいので健康にも良くありません。

インスリンが多く出る食べ物は何でしょうか?

インスリンが大量に分泌されると太りやすいのであれば
分泌を抑えれば太りにくいということになります。

 

では何を食べるとインスリンが大量に分泌されるのでしょうか?

 

それは糖質や炭水化物です。
主に砂糖、小麦粉で作られた食品
白米やジャガイモ、トウモロコシなどの穀物です。

 

小麦粉で作られたものは多いと思います。
パン、うどん、ラーメン、パスタ、ピザなど。

 

小麦粉と砂糖で作られたものは
甘いクッキーなどのお菓子、ケーキなどデザート類にも多いと思います。

 

ダイエットと健康のため、糖質と炭水化物はなるべく避けた方がいいですが
色々な食品に使われているので少しは食べてしまいます。

インスリンの分泌を抑える食べ物、食べ方

糖質や炭水化物を摂るとインスリンが多く分泌されて
太りやすいですが分泌を抑える食べ方があります。

 

それはインスリンの分泌が少ない食べ物を
いっしょに食べることなんです。

 

肉類や魚類などのタンパク質、繊維を多く含んだ野菜などです。
脂質もインスリンの分泌を抑えます。

 

「脂質を摂ったら太ってしまう」と思うでしょうが
糖質や炭水化物だけを摂るよりは脂質もいっしょに摂ったほうがまだマシです。

 

脂質には脂肪の燃焼を促進するものや
健康にも役立つものがあるので、それらのものを選べば良いと思います。

 

栄養学のカロリー計算の食事制限だけでなく
インスリンの分泌を抑える食べ合わせが、ダイエットには重要なことになります。

 

食べ合わせを上手にやれば、同じカロリーの食事をしても
体脂肪になるのを抑制して太りにくく出来るのです。

 

とはいえカロリーも控えないと痩せませんよ!